FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

成長

2009/05/31(Sun) 14:30
*物語*

― 5月のある日の昼下がり―

居間で結衣の母親と千代子が「お昼の休憩♪」と題して
ティーセットと焼き菓子という組み合わせで談笑している。
「奥様・・・もうすぐ6月なのですね。
結衣様は10日で16歳ですか~。」

と、カレンダーを目に留めて千代子がペラッと捲りながら感慨深げに呟く。

『ええ、そうね。じきに6月・・・。
ふふ、そばに居ると気付かないものね。結衣もあれでも6月で16歳なのよね。』

そう言うと結衣の母も、しみじみ我が子の成長を振り返っていた。

「結衣様がお生まれになってからもう16年・・・。
私も色々ボロがでる筈ですね。」

千代子はクスっと笑い、腰をトントン叩きながら椅子に戻る。

『くすくす…ええ、私達も年を取ったわね・・・。ウフフ。
ああ、結衣の子供の顔が見たい・・・とか、最近良く思うのよね。
この国では16歳になれば結婚が出来るんだもの・・・!』

ティーカップを持ったまま静止し、とても嬉しそうに目を輝かせる。
その姿はやはり親子・・・結衣の純粋さは母親譲りだろう。
千代子は微笑ましく思うも、鋭い突っ込みを入れた。

「ええ、確かに結婚は出来ます・・・ですが、まだ焦ることはないですよ。
それに、まずはお相手の殿方を見つけなければなりませんね・・・?
学園生活は楽しんでおられるようですが、そういう話を一切お聞きしませんから。」

思い出すのは勉強の話、親友の桔梗の話、結社のお友達の話・・・義兄の話。

「そうねぇ。好きな人、1人でも出来たのかしらね?
う~ん・・・大丈夫かしら。
結衣は誰にでも疑いを持たないから、変な人に連れて行かれそうよね・・・。」

『ええ、直ぐに信じてしまう所は危険ですね・・・。
でも今の結衣様には江西様がついておられますし・・・
その・・・なんといえば良いやら...
良かった、というか...安心ですね。』

素直に喜べないという感じの言い回しに気付いたのだろう。
少しの沈黙に耐えきれずに口を開いたのは、母。

「江西君ね。
そうね・・・結衣はあの事をずっと気にしているのね。
私も忘れることなんて一生できないけれど...」

遠い昔の悲劇を思い出し
母の表情が少し沈んだように見えたが、刹那。

「お兄ちゃん♪なーんて、言ってる結衣が母親になるなんて想像できないわね。
やっぱり孫はまだ先でも良いかしら、ねぇ?ウフフv」

コロリと表情が一変し、こう呟いた。
この母は変なところで潔い。

『まぁ、奥様ったら・・・!
でも、本当に学園へ行く前に比べて目に見えて成長致しましたね・・・。
少し・・・少しですが寂しい感じも致します。』

「何かにつけて『ち・よ・こ~♪』だったものね。くすくすっ...
まるで年の離れた本当の親子みたいだったわよ。」

と茶化し、焼き菓子に手を伸ばす。

『ええ。(ふふっと笑い)
どんなに些細な事でも随一に報告してくださり
どんなに忙しくとも、嬉しかったのを今でも覚えております・・・。』

「本当に、千代子大好きよね。勿論、私もだけれどね?」

『そう言って頂けるだけでも、千代子、感激で御座います・・・!
最高の冥土のみy』

「あー、もう!冥土冥土って、すぐ言うもんじゃないの!
そんな大それた事じゃないわ。本当のことだもの。」

耳にタコ。
と言わんばかり間髪入れずに鋭い突っ込みが入る。

『は、はい・・・。それは私めにとって恐れ多いお言葉ですので、つい・・・。
私めも奥様のことをとても愛しく思っております。』

「ねぇ・・・?誰かにこの会話を聞かれたら勘違いされるかしら?」

からかい半分で千代子へ問いかけ。

『そ、それは困りますね・・・!っとっとっ!?』

それを聞いた千代子は、ちょうど飲み終えたティーカップを
お手玉しそうになり、ばつが悪そうに片付けを始めた。

「まぁ!大丈夫?ふふ、少しからかっただけなのに吃驚しすぎよ?
さ、誰かに聞かれないうちに退散するとしましょうかね♪」

そう言ってスキップで自室まで戻っていく母。
テキパキと片付けつつも、後ろ姿を微笑ましく見守る千代子であった。

Page up▲

Calendar
11 | 2018/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。